オムロンのパワコンの自立運転

太陽光発電におけるパワコンは、直流で発電された電力を交流にすることで、一般的な家電製品などが利用できるようにするための、重要な設備のひとつです。

オムロンのパワコンの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

オムロンでも業務用、家庭用の両方のパワコンを製造していますが、特に家庭用の場合には、小型で静音仕様のため、屋内の洗面所の壁面などにも設置できる、シンプルなデザインのものがあります。


オムロンのパワコンの場合には、自立運転が可能なモードが搭載されているため、停電があったときにも、太陽光発電の電力だけを利用することができ、たいへん便利です。


オムロン製品の表面にある表示窓には、日中に停電によって電力会社からの電力の供給がストップしたときには、特別なコードが表示されるようになっています。



これが停電の合図ですが、もしも停電したのが夜間などで太陽光発電ができない状態でなければ、太陽光発電ブレーカーをオフにし、パワコンの運転スイッチもいったんオフにしたのち、ふたたび運転スイッチをオンにすると、パワコンが自動診断をはじめます。

このときに自動診断の動作音がして、表示窓に発電電力が表示されるようになれば、自立運転に切り替わったことになります。



オムロン製品の本体や壁面には停電用コンセントがありますので、これに家電製品のプラグをつなげば、太陽光発電による電力を、直接取り込んで稼働させることができます。ただし、自立運転の場合、稼働させることができる家電製品のワット数が決まっていますので、その点は注意したほうがよいでしょう。